研究アプローチ

研究アプローチ

 私たちの主な研究手法は、「統合」の視点を主として、高度に発達した科学の体系を、これからの時代に必要な科学の在り方の体系として整理し、その成果をシステム開発やツールの開発に応用するというものです。

 また、そのための研究アプローチ、思考技術自体を開発しています。その開発された研究アプローチ、思考技術自体が、現代の極端に細分化された専門分野の再統合に役立てるためのツールとなればと考えています。

 私たちの研究開発活動は、学問間の統合を意図した研究アプローチを行っており、私たちの研究開発資料は、必ずしも、各分野の専門的学術用語や学術理論の正しいとされる使用方法ではない場合があります。それは、学問間の統合を目的として、研究を行った場合に生じる「各学問間の言語体系の相違の問題」に起因する点が多いということを、予めご了承ください。

【主な開発した研究アプローチ、思考技術】

・ナレッジモデリング(知識模式化技術)
・五階層思考技術
・曼荼羅思考技術
・知識デイタム(最小単位意味用語)化技術